~Y-SYstem分室~
ドールとかオモチャとか同人とか。

2クールで機体交換こそ我々世代
なんかこう、ツイテナイことがやたら続いててションボリ。
こういうときはヤケクソになるに限るよねー。うん。

というわけで、
買っちゃったよW-ZERO3[es]
完全スルーの予定だったのになぁ…
無印ZERO3が[es]発売のタイミングで故障するってのは、誰かがわざとやってるとしか思えん。
けど、誰だか知らんが「よくやった!」っと言いたい感じ(笑
こりゃー、ぜひとも買い増しするベキな良端末だわ。

無印修理中でSIMが手元に無い(←マヌケめ)ので、
通話とネット関係を触ってない状態での雑感↓

【外観】
ボディの表面加工がディンブル型(でこぼこタイプね)になったのが最大の変更点。指紋が気にならなくなるのは嬉しい。
が、どうせならClie TH-55みたいなマット系が良かったなぁ。ディンブルはダサイっす、正直。全体的にデザインは相変わらず垢抜けない印象。
無印の『電話になんぞ100%見えない』いかがわしさが好きだったので、電話にしか見えない[es]はちょっと寂しい(笑

【サイズ】
縦長になったので、「邪魔な感じ」は倍増。多少薄くなったとは言え、相変わらず胸ポケットに入れられるサイズではありましぇん。むしろ、縦長になったことでポケットとかの収まりが悪くなっちゃうので、携帯性そのものは無印より落ちる気がする。
最近のiPodの薄さを見るに、いつかはZERO3ももっと薄くなるに違いないが、現時点ではまだまだ「電話の代わり」としちゃデカ過ぎるやね(笑

【操作性】
キーロックがスライドスイッチに変更!嬉し過ぎる。しかもアプリ使用中でも有効ときたもんだ。無印の長押しキーロックにはもう戻れない。
シャコ出しキーボードは、無印と比べると若干キー間隔が狭くなったが打ち易さは変わらない感じ。やっぱQWERTはいいね。がしかし、なんか妙にキータッチが固いので異様にタイプし辛い。このへんは使いこめば慣れるかな?
無印もそうなんだが、縦にしたり横にしたりシャコシャコしたり、とにかくイジってて楽しい端末なんだよね、コレ。無印にテンキーが追加されてさらにボタンが増えたので、ボタン大好き人間にはたまらんよ、もう(笑

【画面】
無印の3.7inchから、2.8inchに液晶は縮小。PDAとしては画面サイズが小さいのは致命傷になりかねないんだが、解像度が640x480VGAそのままなので、思ったよりも不便さは感じない。(これが購入に踏み切れた理由でもあったり。)むしろ画面の密度が上がったことで、ただでさえ美しかった液晶がさらに綺麗に見えるように(笑。この高精細液晶のキレイさはヤバ過ぎるなぁ。
VGA対応アプリだと文字の小ささがトンデモないことになる場合もあるんだが、画素の密度もトンデモないので判読できない状況にはならない。多分。とりあえず、タッチペンはもうちょい先が細いやつが欲しくなること必定。

【アプリ/機能】
Opera8.6標準搭載。なにげにFlashが見られるようになってるのは凄い進化だなぁ。YouTubeもいちおう見られるそうな、おそろしや。
エミュ系も、追加テンキーのおかげで縦持ち&片手で遊べるようになり、かなり扱いやすくなった感じ。
あと、Todayから直接メモリ状態や起動中アプリを参照できたりとか、QRコードが読めたりとか、ATOK予測変換追加とか、手書き漢字入力OKとか、細かい仕様変更が山盛りなのもナイスだね。
つまらん会議中の友として大活躍中の幻彩2も無問題に使えるんで一安心。PDAはやっぱりどこでも絵が描けてナンボだよなぁ。

【カメラ】
マクロモードへの切り替えが可能に!画素数は130万(最大1280x1024)と変わらないものの、マクロがあれば書類とかのメモ撮影は格段にやり易くなるんで、助かるなぁ。
シャッターキーが無くなってカメラの起動がやたら面倒なんで、けっきょく使わないことになるような気もするけど(笑

【その他】
無線LAN非搭載は個人的には無問題。どうせ使ってなかったし。
USBホスト機能追加でどういう周辺機器が使えるようになるか、が今後の楽しみだやね。とりあえずワンセグキットは買ってみようかなぁ。
電気食いの液晶が小さくなったんで、電池の保ちがかなり良くなってる(らしい)のもなにげに助かるね。クレードル用電源端子の追加も好印象。充電のやり易さは段違いに上がりそう。(本体にクレードルが付属しないのが気が効かなくってションボリなのだが。)
純正クレードルは¥4,000近くするそうなんで、自作しよっかな。


全体的に、無印ZERO3の気になってた部分がかなり解消されてるんで、使っててキモチのいい端末になってるね、こりゃ。
ストレート型に変更&テンキー追加がZERO3にとって何の意味が?とも最初は思ったが、『片手でも使えるようになった』ってのはけっこう効果でかいのね、予想以上に。ちょっと目からウロコですわ。
個人的に、今のところは画面の小ささがそれほどマイナスにならない印象なので、無印からはさっくり乗り換えてしまいそう。画面サイズと無線LANに依存しない人間ならば、買い増しor買い替えを激しくオススメ。基本的に無印ZERO3と大差ない端末なのに、こんなにイジっててドキワクできるのはたいしたもんだよ、ほんと。
SIM無し買い増し¥36,800は、はっきり言って「安過ぎる」。(いや出費としては痛いんだけどさ… ̄|_|○)

しかしまぁ、ZERO3に慣れると普通の携帯電話が扱えなくなるね。
修理代替機のあまりに普通の携帯電話っぷりな「何もできない」感にストレスたまりまくりッスよ(笑)。人間ゼイタクになっちゃうもんだなぁ。
早く無印(っていうかSIM)が修理から戻ってきますようにっ、っと。
[2006/07/27 22:58] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
天国to地獄to
天国!温泉は天国!
群馬県は老神ってとこに、毎年欠かさず行ってる温泉旅館があるのだが、
やっぱしソコは天国デシタ。
ひとつくらいは、毎年まったく変更ナシで同じことをダラダラ繰り返す行事があってもいいよね。
思うぞんぶんダラダラできたので満足満足。

が。
久しぶりにやったゴルフ球の打ちっぱなしで全身筋肉痛…
ぐぎぎ、日常生活に支障が出そうなくらい痛い(笑

でもって、その打ちっぱなしの時に愛機ZERO3を落っことして、
哀れ液晶が故障状態に。
機能は全て生きてるが、液晶だけが死んでるというイヤガラセ状態(笑
docomo携帯は解約済みなんで、すぐにZERO修理に行かなきゃなぁ、トホホ…

まー、この程度では温泉満足感パワーにゃ全然およびもしませんよ、
ウヒャヒャ…と家に凱旋したらアナタ、

おうちの鍵が無い。

バッグをひっくり返して探しまくるが…無い!

しょうがないなぁ、誰か助けを呼ぶか…って、
そういえば携帯故障中じゃん。
なぜこんなに丁度良いタイミングで故障してるんだ!??

大家に連絡… …あ。
我が家は賃貸なんだけど、不動産屋が「大家さんは鍵持ってないから、
それ無くさないでね~アハハ」とか言ってたような…

そうだバイクだ!…って、鍵はお家の中だし、そもそも乗っても何の解決にもならんわ!

鍵って、無いとなにもできないんですね。ウヒャヒャヒャヒャ。

体ズキズキ。雨はビシャビシャ。深夜に連絡&遠距離行動不能状態。

地獄!この状況地獄過ぎ!


しかし、お財布様という最後の武器だけは残ってたんで、
鍵屋を呼んでなんとか事無きを得たのでありました。セーフ!
ごめんよ公衆電話。つね日ごろ、オマエはもうイラナイ子だとか言ってた俺は間違ってたよ…
公衆電話は神!こんなこともあろうかと今時テレホンカードなんか持ってた俺も神!

なんとか無事に家に入れたときのこのキモチ。
こんなにも我が家が天国に感じたことは今まで無かったよ…

で、液晶の修理代金を調べたら¥23,000だってさ。
本体買い直したほうが早いんでは…
アンド、鍵開け料金も深夜だと昼間の二倍だそうで。
うぅ、ぢごく…
[2006/07/24 23:34] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) |
クロムハウンズ
ついに出た!メカアクションゲー待望“クロムハウンズ”
ぶっちゃけるとアーマードコアでガングリフォンな鉄騎大戦って感じのゲーム。

このゲーム、FROM SOFTWARE製ってことで、いつものように
機体カスタマイズができるんだが…

この『カスタマイズ』が半端じゃなく楽しい!
単なる手足の挿げ替えじゃないんですよ、これが。
本作の自機“ハウンド”は『ロボット』と言うよりは『戦車』なので、
アーマードコアのような人型モーションの縛りが無い。
だもんで、作れるカタチの自由度が果てしなく上がってる。
しかも、ジョイントに対するパーツの接合方向が変えられたりもするので、
パーツ形状に依存しないシルエットの機体が組めてしまう。
なにより秀逸なのが『六角柱に企画化された武装パーツ』だ!
六面全てにジョイントがあって、そこに自由にパーツを積んでいける。
まさにブロック玩具テイスト、構築だけでも十分遊べる(笑)。ブラボー。
この掲示板を見れば、その自由度テイストが伺えまする)
作ったカタチが性能に露骨に影響するとこもイイね。
機体の重心から外れたところに武装を配置すると、射撃の反動で上半身が回っちゃったりとか。足を狙うために低い位置に格闘用武装を置くとか。コクピットを破壊されたらオシマイなので、それを守れるように武装やシールドを配置するとか。
く~、たまらん。

で、作った機体を動かすのは面白いんか?というと、
戦車ゲームらしく機体の運動速度はかなりスッとろく、
パッドに特化された操作系は『やれること』もあまり幅はないので、
オフラインで一人で遊ぶにはかなり物足りない。

が、このゲームの本領はオンラインで6人のチームを組んだときに発揮されるのだ。
“突撃野郎”アタッカー
“狙撃遊撃”スナイパー
“拠点防衛”ディフェンダー
“偵察斥候”スカウト
“曲射超長距離砲撃手”ヘビーガンナー
“司令塔隊長機”コマンダー

以上6タイプが、基本の『ロールタイプ』。
これら役割をメンバーで分担し、自分の役割に沿った機体を構築して、
その連携で相手の拠点をいかに破壊するか?がゲームの基本。

システム的に情報戦がかなり重要になっているので、火力だけでは勝てない作りになっているのが実に面白い。このゲームはミノフスキー粒子的世界設定になっていて、頼りになるのは常に目視だけ。敵の位置、というか味方の位置さえも、その位置を把握できるレーダーを持つのは“コマンダー”のみで、しかもそのレーダーを使うにはマップの陣地を占領しなきゃならないと来た。この不自由さが連携の重要さを生むわけ。ボイスチャットが標準装備のXBOX LIVEならではの遊びだやね。
各メンバーが作戦通りにビシっと動けたときの爽快感はひっじょーに高い。

しかし、この「六人」の「連携がビシっと取れるほど親密な」「ボイスチャットを常時使える」人間を揃えるのはけっこうキビシイ。それでなくとも360はユーザが少ないし…。システム的にも、固定メンツを維持するのに気が利いてるとは言いがたいのがどうにも難点だ。
テキストチャットが無いのも不便。
DOA4でテキストチャットとボイスチャットが共存できるのが物凄く有り難かったので、他所もこの仕様には追従してほしいなぁ、ほんと。

現時点では大問題がもうひとつ。サーバが弱すぎる!
22時以降はFFXIの初日も真っ青な繋がらなさ。LIVEとは別サーバを無料で提供してるのはエライけれど、『繋がらない』んでは論外だってば。
ログインさえしてしまえば、ユーザ側がホストになるのでそこそこ快適ではあるのだけど。オンラインに繋がないと何もできないソフトなので(オフはぶっちゃけつまらない。)、サーバの改善は是非ともお願いしたい… が、それができる予算があるのだろうか(笑)


メカアクションゲーム系ファンには文句無くオススメ。ただしオンライン環境と気兼ねなくボイスチャットができる環境が無い場合は魅力8割減。なんつーか、どうにも敷居が高いんだよなぁ…。

『TES IV: Oblivion』とこの『クロムハウンズ』は、これのために360を買っても損ナシ!と言い切れる良作(両方とも人は選びまくるけど)。近所から360の売り場がどんどん無くなって寂し過ぎるんで、なんでもいいから360を買ってくれええぇぇぇぇ…
[2006/07/02 15:52] | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |

プロフィール

YSY/Wakki

  • Author:YSY/Wakki
  • 日がな一日PC前のサラリーマン。オモチャとゲームが栄養源。ペンネームYSYでたまに同人漫画出します。
    Twitter : @Wakkyu
    サイト:Y-SYstem

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する