~Y-SYstem分室~
ドールとかオモチャとか同人とか。

ノロノロ
流行りのノロウィルスに当たった模様。
こ、これはキ、キツい…
しばらくは加熱した食い物以外を食べないのオススメ。いやマジで。

でもって病気と言えば、今月も冒険王ビィトは休載続行。稲田浩司の体調はそこまで悪いとですか…
って。
おおおぃ。三条先生なにやってんのw
って先月号から連載してんのね。しまった、乗り遅れた(笑

しかしつーことはだ、ビィトの再開は本当に・まったくもって・とにかく・しばらくは・無いッ!ってことね ̄|_|○

ポジティブに考えれば、現状のおかげでガイキングLODとか↑アレwとかの新しい三条ワールドが見られる、とも言えるんだけれど、
やはり稲田浩司にゃキッチリ治ってもらって続きを描いて頂きたい。
原作三条のまま作画だけ替えて、なんて声も出やがるが、
稲田のしっかりした作画で読みたいんだい。俺は。

とにかく健康はいちばんダイジだねー。
身に染みる。ビール飲みてぇぇぇ(笑
[2006/12/10 13:45] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) |
さらにWiiで遊んでみる
ギギギ、体中が筋肉痛…ッ
特に右肩。Wiiスポーツはヤバいよ。なんか延々と遊んでしまう…


で、残りの購入ソフトについても雑感をば。

SDガンダム スカッドハンマーズ
ハンマー振り回して破壊! 以上。 のゲーム。
操作性とか、ストーリーが地味に笑える(ガンダムヲタなら)とかが良いので、
何も考えずリモコンぶんぶん振りまして遊ぶとわりと楽しい。
が、ハンマーの縦振りと横振りを明確に区別して使い分けにくいとか、
もうひとつ爽快感に欠ける気もする。慣れの問題もあるんだろうけど。
“ロンチ”“バンダイ”“ガンダム”のクソゲー確定条件を背負ったわりには、十分以上に遊べる佳作。
まぁ、Wiiじゃなくてもいいじゃん、って感じだけど。


ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
あきまへん、これはGC版買うのが正解。
視点操作が“ボタン押し+移動レバー”って時点で致命傷。
もともとGCで開発されたソフトにリモコン操作を組み込んだ作品、なだけのことはある。リモコンでやるメリットはほとんど無いんじゃ、コレ…。
GC版の評判は良いようなので、決して駄作じゃないんだろうけどね。


エレビッツ
気になったので、けっきょく買っちったがこりゃアタリだ。

基本はFPS(一人称視点シューティング)で、部屋に隠れた小動物(エレビッツ)を探し出して狙って撃つ!なゲーム。
ゼルダをやって、WiiのFPS系は実はダメなんじゃ…と思いかけたがどっこい杞憂。
このソフトの視点操作は画面縁にカーソルが行くと上下左右に視点移動するシステムだが、この移動量のバランスが絶妙。
ヌンチャクスティックと合わせて、移動と照準は違和感なくできる。なんだ、FPS大丈夫じゃん。
で、「隠れた物を探す」のはリモコンでやるわけだが、掴んで振る、押して引っ張る、ひねって回すとかの動作を駆使して部屋を荒らし…いや探していくのはかなり楽しい。こういう既存の操作系じゃできない遊びを提示してくれてこそ、ロンチソフトだよなぁ。コナミグッジョブ。

発見されて泣きながら逃げ惑うエレビッツを容赦なくプチプチ撃ち落す、この不道徳感がまたヨシ。エレビッツの動作や行動はかなりカワイイのでなおさら罪悪感が(笑。雰囲気のホンワカさとやってることの殺伐さのギャップがたまらない。いやま、撃ち殺すんじゃなくて「撃って捕まえる」なので残虐性とかは皆無だよ、念のため。

キャラに頼らない完全オリジナル作品で、ゲームとしてもしっかりしてるという、あまりにロンチらしくない作品。オススメ。



総合的に、本体と同時買いは“Wiiスポーツ”“エレビッツ”がオススメ。
一本だけならWiiスポーツかなぁ。
もちろん、広い場所で遊べることが前提だけど。
下馬評通り、座ってリモコンちびちび動かしながら遊ぶタイプのゲームは
他の据え置き機で遊んだほうが良い気がする。
“ポインティングデバイスとしてのリモコン操作”なんてすぐ飽きるよ、ほんと(笑
“ぶん回しデバイス”としては無限に遊べそうだけどね。夢ひろがりまくりんぐ!


とにかく、はやく「リズム天国Wii」出して!ダシテ!
[2006/12/03 21:13] | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
で、Wii遊んでみた
誰だ、「弾数は潤沢にあるから昼頃でも買えるよブヒヒ」とか
言ってたヤツは!
光の速さで瞬殺じゃないか(笑
行こうと思ってたヨドバシカメラが午後10:30で整理券打ち止め、みたいな信じられん状況を乗り越えて、よくも買えたもんだ俺…
というわけでWiiのファーストインプレッション。

★購入時のTips
・D端子ケーブルは発売延期だけど、コンポネントケーブルを買ってコンポネント→D端子変換かませば問題無し。
・“はじめてのWii”にはヌンチャク入ってないので買うの忘れずに。(つーか忘れました)
・電池はエネループ一択。継ぎ足し充電OKと自然放電防止は便利過ぎる。
・Wiiに最も必要なのは広い空間だ。
思いっきり振り回せない棒に価値なぞない!
とうぜん我が家にゃそんな空間はキッチンくらいしかないので、
台所用TVをゲッツ。どーせボーナス出たてだしー、ウヘヘー。
いまどき4:3VGAのデジタルチューナー無しテレビを買うなんてキ○ガイ沙汰だが、
480p出力のWiiにはこれがベターなTVだと思われ。

★開けてみる
リモコンが箱出しでそのまま使えるのに驚いた。
面倒なキャリブレーションが必要とばかり思ってたからなぁ。
“マウス”としての操作性も上々。かなり思い通りに操作ができるんでちょっと驚き。我々の世代は、この手の体感コントローラに痛い目を見まくっている(ぱわぁぐろーぶとかさw)んだけど、時代は確実に進んでるんだなぁ、って感じ。
初期設定の時点で、リモコンにスピーカと振動が搭載されている有り難味が身に染みてきて、ちょっとシアワセな気分になるのがポイントだ(笑
しかし、本体はどー見てもただの安物光学ドライブだ。ゲーム機には見えん(笑

★遊んでみる
とりあえず“はじめてのWii”をセット。
うひゃぁ、こりゃ確かに楽しいや。
リモコンでどんなことができるか?のチュートリアルには
最適な一本ですな。二度とやらんだろうけど。
実質1000円のソフトだけど、この内容なら本体に付属してもバチあたるまい(笑

主役はやはりこっち、“Wiiスポーツ”でありましょう。
テニス、野球、ボーリング、ゴルフ、ボクシングと、
そろいもそろって「棒を振り回せ!」ってゲーム揃い。
いやはや、わかっていらっしゃる。

こいつは脳汁デルヨ。
とにかくビュンビュン振る!振る!振る!
とくに野球のバッティングの爽快感は異常。
振動とスピーカが生む『打ったときの手応え』感にゃ脱帽だあ。
(ピッチングのつまらなさも異常だがw)
振り回す場所を確保してよかったとココロの底から思える。
運動不足の解消になればいいなぁ(笑

以上2点のソフトを遊んだ段階で、
Wiiの明るい未来と不安な未来がだいたい見えてくる。
今回はチュートリアル的なソフトだから
「リモコン振れればOK」で済んでるが、スポーツゲームとして
面白いモノを作ろうと思ったら、けっこう越えなきゃならないハードルが多いと感じた。
つまりね、プレイヤーの意志とゲーム内のアクションに齟齬が出やすいのね。ピッチングのときに「振りかぶったら」、それが「投げ下ろした」と誤認された、みたいなことが頻発するわけですな。
角度や位置の情報はけっこう正確に取れてるようだけど、その情報をどう使うか?はまだまだ研究段階らしい。
それと、“スイングの楽しさ”と、“ゲームとしての複雑さの追加=ヌンチャク装着”が完全にトレードオフになるのが痛い。このへんは野球をやってみるとかなり頭痛がする問題だと分かると思う。

思うに、Wii用ゲームの開発は物凄くムズイんじゃなかろうか。
開発技術じゃなくて、企画と調整のセンスの問題で。
しかし、リモコン操作のノウハウがたまってきたら
トンデモないソフトが出現しそうな予感。ワクワクだ。
単調で浅いとは言え、Wiiスポーツは「カラダを動かす楽しさ」だけで数時間は遊べてしまうわけだしね。Wiiが提供できる遊びはとにかく『楽しい』。

あとは
“ゼルダ”、“ガンダムスカッドハンマー”を押えたんだけど、
とりあえずWiiスポでお腹いっぱい。後回し。
エレビッツも面白いらしい。

まー、
Wiiはオモチャとして最高の一台。
期待通り、“従来機とは全くベツモノのゲームマシン感”に溢れまくり。
とにかく棒を振り回したくてしょうがない人には是非ともオススメ。
俺はWiiスポの野球トレーニングモードで延々とフリーバッティングしてれば幸せだぁ、しばらくは(笑
[2006/12/02 21:35] | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
Wii戦争
つ、疲れた…

Wii


このスペシャル平和な日本で
あんなハングリーな目をした人間たちに出会えるとは思わなかったよ…
ねぇ、ほんとにみんなそんなにゲーム好きなのか?(笑

とにかく、寝るッ!
[2006/12/02 11:07] | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |

プロフィール

YSY/Wakki

  • Author:YSY/Wakki
  • 日がな一日PC前のサラリーマン。オモチャとゲームが栄養源。ペンネームYSYでたまに同人漫画出します。
    Twitter : @Wakkyu
    サイト:Y-SYstem

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する