~Y-SYstem分室~
ドールとかオモチャとか同人とか。

シンケンオー
だー。
マスクの第一印象なんかアテになんないなー、ほんと。
シンケンジャーおもしれーー!
レッドのキャラは新しいよなぁ。
「無理やりながらもまとまってきた」のナレーションには吹いてしまったw
この手の反目しつつも次第に仲間に~的展開はダイスキなので
先が楽しみすぐる。

でもって今年はサクっと買ったさ戦隊ロボ。
ShinKenOh
いあま、番組が面白いからとかではなく、
今年は久々の高密度ギミックタイプなんだよね。
ここ二年ばかしは箱積みタイプで鬱憤溜まってたからなぁ(笑

折神の変形はまぢで面白い。
初見で脳みそ使う戦隊玩具なんざ久々過ぎるw
このちょっとしたパズル風味の変形合体はいじってて凄く楽しいね。
獣形態が妙にかわいいのもポイント高い。
三歳児は扱えんのコレ?というのがちょっと心配になるが(笑

幾何学的な面構成やスタイルもちょー好み。
複雑怪奇なギミックの玩具ばっかりで疲れてたので、ゲシゲシいじれる
戦隊ロボで好みのデザインがこのタイミングで来たってのはとても有難い(笑

未使用ジョイントの数々を見ると追加装備がゴチャゴチャ出るんだろうけど、
どんなのが来るか楽しみだ。


第二話観たら100%誰でもやるよね。これは。
ちゃんとこの形態が取れることがすばらしいww
Oden
今年はきっちり玩具の遊びを考えて作品作ってくるってことだよな、これは!(笑
ええ、ええ。片っぱしから買い支えますとも。
がんばれスタッフ~~。

ディケイドも面白いし、今年のスーパーヒーロータイムは
正座タイム。ダブルオーがオモチャも全部登場しちゃってツマンナイ(そこかよ)ので
新しい一週間の憩いタイムができたのは助かるなぁ、ほんとw
[2009/02/23 03:06] | TOY | トラックバック(0) | コメント(0) |
やっぱりサイコー、skate2
待ちに待ってたskate2が発売!
前作skateは地味だけど大傑作だったのだが、2はそこからきちんと進化した
正統派“2”に仕上がってきたヨ!

まぁ、概ね“1”のママなので新鮮味は薄いんだが、
前作からの大きな違いとして
・ボードから降りて歩けるようになった
・ボードのデザイン画が作れるようになった
・女キャラが作れるようになった

このへんが挙げられるかな。

グラフィック作成は面白い形式をとっていて、
Webブラウザ上でFlashのツールを使って絵を描いて、
それをネットワーク経由でゲーム機へ送る、という方式。
他のプレイヤーが描いた絵もサイトから自由に持ってこれるので、
これはなかなか楽しい。
Forza2の痛車ブームに続いて痛ボードブーム到来か!? …そんなに売れないだろうけど。
Forzaのツールに比べると、使用可能レイヤは100枚くらいだったり、
あんまり緻密な作業はできなかったりするが
まぁかなり遊べるのは間違いない。

↓ちょっと作ってみた
skate_00 skate_VIC
念願の生足女キャラが作れるようになったのと合わせて、
プレイ中のテンションかなりアップ(笑

前作に引き続き、ゲーム中の行動は逐一録画されていて、
好きなときに動画を編集・写真撮影ができて、
さらにそれを公式サイトskate Reelにアップロードして自由に閲覧できる。
前作はskate Reelが不安定でいまいちこの機能は生かせてなかったんだが、
skate2のReelはだいぶまともな挙動になったようだ。
かっこいい動画を撮るのはけっこうクセになる。

ボードから降りて歩けるのも、地味な要素だがかなり便利。
階段を歩いて登れる、というだけでも行動制限がずいぶん減るのだ(笑
そして高いところに登って登って飛び降りる!
このゲームの『痛み』の描写はかなりよくできてるんで、
ほんと落下と激突が楽しいw
“ホールオブミート”という、『衝撃でどれだけ骨折できたか?』を競うモードさえある。
トリック(技)そのものもだいぶ増えていて、
よりカッコいいアクションが可能に。
比例して全体的な難易度も上がったような気もするがw

あいかわらずバグが色々ありそうなのが困りもの。
知ってれば回避はできるんだが、さっさとパッチ当ててほしいね。

ううむ、ほんとに良いゲームなんだけどなぁ。
やっぱ売れないんだろうなぁ(笑
パッケージだけ見たらカケラも面白そうに見えないもんね。
でもほんと、とてつもなく爽快でカッコイイゲームなので、
ぜひともやってみてほしい。
オンライン対戦もあいかわらずメチャメチャ楽しいヨ。

あああ。明日会社やすみたいw
[2009/02/13 03:06] | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(3) |
ドM御用達、Demon'sSouls
このヌルくたるみきったゆとりゲー溢れる御時世に、
颯爽とスーパードMゲーム“Demon's Soulsが登場だ!
いいよいいよ、このMっ気感!

このゲーム、ぱっと見はどーみても「King's Field」である。
実際、『SCEのKing'sファン社員がFromに頼んで作ってもらった』的な
流れで開発されたらしい。
そんな経緯を聞くと、「どうせヌルイ無双系ゲームになってんじゃないの?」と
どうしても思ってしまうんだが、
どっこい。
まさか近年稀に見るイジメゲームがSCEから出てくるとは!

端的に言って「Wizardry」です。これ。
序盤からホンキで殺しに来る敵の皆様方、
道中で死んだらきっちり入り口から再開、しかも経験値は“その場に落としてしまう”ので
回収に行かなければならない、
各所に存在する一発死の罠、
そして“うっかりしてたやり直そう☆”など許さない完全オートセーブ。
折れちゃう!心折れちゃう!

などとプレイヤーを突き放しつつ、
実はよく観察すれば強敵でもパターンを読んで軽くあしらえたり、
罠に気付かせるためのヒントがさりげなく存在したりと、
ただ極悪に難しいゲームではないところが、このゲームのミソだ。
アクションゲームとしても、武器によって戦い方がガラリと変わったり、
アイテム切り替えや武器持ち替えの操作性がけっこう練られてたりと
丁寧に作られてて好感もてる。

そして面白いのがオンラインの使い方で、
他のプレイヤーが死亡した場所でその前後のシーンを再生できたり、
任意の場所に血文字でヒントメッセージを残すことができる。(メッセージの内容は文言選択式。)
当然ウソを書き残すこともできるので、
いかにも「欲望うずまく死と罠の地下迷宮」みたいな雰囲気が出るんだなぁ、これが。
他人を呼んでの協力プレイや、プレイヤーキラーとして他ゲームへ乱入したりもできる。
普通のMOとかとはだいぶ勝手が違うが、『オンライン』がここまでゲーム性に深く関わってるのは
かなり珍しいんじゃなかろうか。

キャラクタのエディットも可能で、Oblivionのような骨格変形タイプで顔をいぢれる。
さすが国産、海外ゲーのようなゴリラ顔じゃない女性キャラも作れるのがうれしい。
服や髪のバリエーションはさほど多くないので、あんまりいぢり甲斐は無いけど。

思えばゲームってこういうもんなんだよなぁ。
とにかく死んで憶えて、死んで憶えて。
なんだかんだで、死んでも装備品は一切失わなかったりと『実はヌルく』調整されてる箇所も多いので、
時間の無い社会人でもちまちま進められるのがイイよね。
完全オートセーブなんでいつでもどこでも中断できるし。

King'sFieldが好きだったり、いじめられるのが好きだったりする人には
PlayStation3ごと買っちゃってもOKなほどオススメ。
久々に「探索と冒険」が熱いゲーム。

まぁ、四時間かかっても1ステージのボスに勝てなくてそのまま寝る、とかは
耐え難いイライラ感ではあるが(笑。
コントローラを投げたくなるほどイライラするからこそ、
クリアしたときの爽快感が大きいのだ。
そしてコツコツやっていればいつかは前進できるよう「ちゃんと調整された」ゲーム。
オススメ。

DemoS
[2009/02/11 19:33] | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) |
ディケイド
ディケイド面白い。
お祭り作品だからってあそこまで好き勝手放題やるとはw
ワクワクしてしまうw
あの設定のクウガも一年観てみたいなぁ。
聖人君子の五代クウガとはまたちょっと違うヒーローが味わえそうだ。

ともかく糞井上敏樹が来ませんように。できれば未来永劫。
イノウエメインだったキバは一回も見てないから、第二章はちょっと置いてけぼりになりそーだ。トホホ。
けっきょく去年も「いがみあうヒーローがちゃちな恋愛劇を料理対決で支離滅裂」だったそうで。
いつまであんなの使うの?誰か説明してして。

とりあえずベルト買ってこようかな。
[2009/02/10 00:08] | TV・VIDEO | トラックバック(0) | コメント(3) |
ダブルオー
ダブルオー二期面白いなぁ。
今となっては、原作のついてない先の読めないオリジナルアニメってだけで
貴重ダヨネ。
二期は一期で貯めた伏線をジャンジャン消化してくので
展開がダイナミックで楽しい。
あと9回やそこらでどーやってまとめるんだ?と不安にはなるけど(笑
とりあえずレギュラー陣は片っ端から不幸に死にそうだ ̄|_|○

プラモもいいできだなぁ。
ようやくHGダブルオーがダブルオーライザーになれた。
OR_s.jpg

ついでにこいつも。
Gsvr_s.jpg

買うの絞ってるのに、
どーしても欲しいオモチャがばんばん出るんで困る('A`)
[2009/02/02 01:59] | TOY | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ

プロフィール

YSY/Wakki

  • Author:YSY/Wakki
  • 日がな一日PC前のサラリーマン。オモチャとゲームが栄養源。ペンネームYSYでたまに同人漫画出します。
    Twitter : @Wakkyu
    サイト:Y-SYstem

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する