~Y-SYstem分室~
ドールとかオモチャとか同人とか。

ユニコーン ep7
【5/17(土) 2014】
ユニコーンep7がとうとう公開開始。
さっそく観てみましたよっと。

以下ネタバレ↓

んーーー。なんかこう全体的に演出がビミョーだったので乗り切れないzzz
“説明”がどーにも上手くないというか、やる気がないんよね。

まず、出だしの戦闘は何をやってるのか軽く説明しないと
緊迫感が出ない。
「インダストリアル7へネェルアーガマを到達させる」ために
「途中に居る敵を突破しないといけない」っていう状況の説明がないと
うわー着くのかな着かないのかなみたいなハラハラ感が持てないんで、
なんかこう戦闘シーンが間延びして見えるんよね。
個々の戦闘描写自体はめっさよく出来てるのに。
ガルスJもどき対スナイパージェガンとか熱すぎて泣けたわw

状況説明が下手なのはマリーダの最期のとこでもかなり足を引っ張ることに。
リディがネェルアーガマを撃つのをマリーダが庇う、っていう超重要なシーケェンスが
まるでよくわからないてのは致命傷すぎる/(^o^)\
アーガマをロックするシーンを一枚入れりゃ済む話だからなぁ。言い訳できん。
全体的にキャラがその場その場で何をしたいのかちゃんと描写しないよねぇep7。
それにリディを赦すためにはリディにも殺る理由があったんだよぉ!をちゃんと描かんとあかんだろうに。
原作通りにはどのみちやってないんだから、そのへんはきちんと作り起こして欲しかったなー。

アンジェロの自滅もさっぱりわからんw 原作も忘れたんだけど何で自分のクロー刺したんだっけ。
つか説明しろよ!!

状況の説明がワケワカランチンなのはマリーダ死亡後のユニコーンとアーガマ合流部分からも続く。
よーしここでハイパーメガ砲を撃てば一発逆転だー!撃ったー!やったー!
みたいな流れをちゃんと描かないので、一発撃ったあとなんかみんなヘルメット脱ぎ出すシーンの
説得力が薄い。えーフロンタルちゃんとか健在なのになんで「あーおわった」感出してるの!
いや位置関係とかから作戦インターバルと見なせる状況だったんだろうけど、そこを説明しようよ!
そして、
大事なシーンのはずの、つかのまのバナージとオードリーのいちゃいちゃシーンを全カット。
いやあそこ大事だろ!バナージにキモチの整理とかさせないと箱に着いたあとの話が盛り上がんないよ!
なんかちょっとイライラし始めるw

箱の説明は丁寧でヨカッタかな。箱の正体は原作読んだときに
あまりに上手で舌巻いたわw あれは上手い。

そしてネオジオング。
いや実際、原作の最終決戦はちょっとあっさりしすぎてて不満だった。のでネオジオングみたいな
バケモノで盛り上げようというのは正しい戦略。
しかしこう、状況的に「雑魚を片っ端からなぎ払う」みたいな演出ができない以上、
ネオジオングつええ!!みたいな演出ができないのが困る。

つかですね、コントロールを乗っ取られたエコーズ機を容赦なくぶっ殺すシーン、
あれがもう何もかも台無しだと思うんすよ。
シャンブロ戦で非情さを見せたリディが、さっきのマリーダ殺害を得て変節したみたいなのを、
あのエコーズ機を救ってみせることで描くチャンスじゃん。つかあそこであのパイロットを葬るような
ヤツをやっぱ最終的に赦したくないてのを視聴者に抱かせる時点でヘタクソだよ。不満。
手足だけフッ飛ばせばいいだけじゃん尺変わんないよ!!

そして問題の呼ぶと飛んでくるユニコーン。これはまぁギリギリか…
奇跡は起こしすぎると価値が下がるんすよzzz

でまぁネオジオング戦。ここでも、フロンタルがバナージを殺したい理由を演出で見せてほしいんだよなー。
あそこで殺し合いが発生する勢いが話の筋的に足りないのよzzz だから盛り上がらん。
原作の問題でもあるんだけどさ。
この戦闘がさっぱり盛り上がらんのは、ネオジオングが棒立ちしてて画面にあんま動きがないせいもあるんだよね。
あとあの変な日輪装備の説明が一切ないのもアホかと。
いやまぁメガ粒子に干渉して吹っ飛ばすのかな?みたいな想像はつくけどさ。
バンシィの頭部バルカンは吹っ飛んだけどユニコーンのはさっき撃ちつくす描写があったから大丈夫とかまぁ細かいんだけどさ。でもバルカンってふつうの炸薬ちゃうの?みたいなまぁ。
せっかくカットをブリッジに一回戻したんだからそこで説明させるとか手はあったろうに。

でそのあとの謎のトリップ映像zzz 
さらに続く謎のネオジオング崩壊zzzzzzzzz
なんだありゃ?
まぁそんなとこは些細な問題で、アムロとララァがもうどうにも。ソレはやっちゃダメだなー。
言葉が悪いが「ユニコーンごときが」やったらダメだろそれは。
二次創作なんだからさコレ。二次創作としてやっていいこととダメなことは分けて欲しかったなー。
つか、あそこでフロンタルがそういう変節に行き着くのはもうワケワカメ。
人形としてつぶしあいやって死ぬしかないんだよぉぉあのキャラはぁああ!

とりあえずネオジオングのプラモ買おう!もう買うしか!みたいな気を起こさせる気ゼロ過ぎて吹いたzzz
原作のあらゆる意味で寒いラストシューティングを排除したのは良かったが、
更に寒くなるとは思ってなかったよホントzzzzzzzzzzzzzz

その後もなー。予備のサイコフレーム関係パーツを全部ばらまいて
補助にするってシーケンスは大事だったと思うんだけどなぁ。宇宙世紀二次創作もので重要な
「証拠隠滅」の意味でもさw
バナージがシンクロ率超えて溶けちゃった描写を入れなかったのもワケワカメ。
あそこで主人公死んじゃったかも!みたいな緊迫感入れないでどうすんだよ…
このへんまでくるともう醒めきっていたw

このバナージがどうかなっちゃったかもしれない?という流れの最中に、
バナージと同じ顔と格好をした過去のサイアムのカットを混ぜる神経が理解できない。
あの短いカットだと、バナージが生きてたのか?みたいな風に取れちゃうよ。
映像だけ観てる人は、バナージの身に何が起きたかすら分からないんだから
そうとう混乱したと思うよ。つか自分は???になりました。ありゃないわ。

きれいなアルベルトのシーン、ここだけだわ心が洗われるのはzzz
ここでアルベルトへ向けるマーサの一瞬の視線もヨカッタねzzz

で、目を開けるバナージのカット。バカじゃねーの。
台無しにも程があるわ。ユニコーンの装甲が元に戻るカットもイランだろ。
何がしたかったんだ?あのへんは???????

絵的に良い所はいくらでもあるんだけど、
話的な台無しポイントが多過ぎてもう盛り下がりっぱなしだわ_(:3 」∠)_

原作の最終話の問題は、フロンタルとの最終決戦→コロニーレーザーの流れのせいで
最終決戦でユニコーンをぶっ壊せなかったとこがけっこう大きいと思うんだよね。
ここを順番を調整して最後にユニコーンを派手にぶっ壊してみせる、
そういう演出をするからプラモも売れると思うんだけどなー。
小説と違って、映像表現としてはやっぱメカ戦にハイライト当てるほうが映えるから、
ミネバの演説を話のくくりに持ってきてた原作はがらっと変えて
フロンタルとのつぶしあいを最後に持ってきたほうが映画としては良かったんじゃないかなー。
それをやれるだけのいじくり方は今までしてきたと思うんだけどなぁ。
モビルスーツさえ観られりゃいいんだよ!的なレベルでもちょっとこの最終話は不満が残るよほんと。
作画は凄かっただけに余計。

そのあたりは我慢するとしても、
バナージがどうにも話の筋的においてけぼりというか。
ep7中では彼の意思みたいなのが全然出てこないよね。
そういうのを吐き出させるためのフロンタル戦でありコロニーレーザーを防ぐ場面だと思うんだよね。
なんかスカっとしねーのよホントもううう!!!!


んー、一年も時間食ってたわりにはなんか完成度低いなーzzz
いぁ作画的にはそりゃ一年かかるよな!てな物量で大満足ではあるんだけどさ。
ここまでの映像にちゃんとした脚本と演出が載らなかったのは勿体無くてしょうがないわzzz
うーん。
でもまぁ俺らって「こういうの」=「オトナがロボット使ってちゃんと戦争する話」が観たいんだよね、てのが
このコンテンツの人気の根幹だよね。ガンダムはそれをやってもいいと世間が認めてくれてるフォーマットなので
今後もこの「せんそう」タイプの流れは維持してほしいなー。
ビルドファイターズが楽しいのもこのタイプがあってこそだからなー。

期待がバカでかかったので反動で不満タラタラになってしまったzzz
作り方次第で最後はボロボロ泣けるようにできると思うんだけどなー、この話。
惜しいzzz
[2014/05/18 01:22] | TV・VIDEO | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Space Engineers | ホーム | カリカリ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ysy.blog5.fc2.com/tb.php/1495-dbdb4f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

YSY/Wakki

  • Author:YSY/Wakki
  • 日がな一日PC前のサラリーマン。オモチャとゲームが栄養源。ペンネームYSYでたまに同人漫画出します。
    Twitter : @Wakkyu
    サイト:Y-SYstem

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する